タマホーム 価格

無料!タマホームや他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます。

 

いろんなハウスメーカーの間取りも参考にできておススメです♪

 

タマホームでも二世帯住宅を建てることは可能ですが、価格はどうなんでしょうか?

 

一般的に二世帯住宅は割高になります。

 

二世帯住宅は、どこかを共有するタイプの二世帯住宅にするのか、完全に分離するタイプの二世帯住宅にするのかによっても金額は大きく変動します。

 

当然、玄関、トイレ、お風呂、キッチンなどが2つづつ必要な完全分離タイプの二世帯住宅の方が価格は高くなります。

 

完全分離型は坪単価もかなり高くなりますので、タマホームの二世帯住宅では顧客に合わせ様々なプランが用意されているようですね。

 

どのような二世帯のタイプで暮らすのかは様々ですから、必要に応じてオプションで選べるところも嬉しいですね。

 

希望の施工パターンによっては追加料金が発生することもありますが、基本的に住宅価格は低く設定されていますので、他のハウスメーカーより安く二世帯住宅を建てる事が可能です。

 

大手ハウスメーカーで二世帯住宅を建てると坪単価も驚くほど高額になりますからね^^;

 

タマホームの二世帯住宅の坪単価は基本的に普通の住宅と同じ坪単価で建築可能だと書かれていますが、玄関ドアを二箇所にするなどの施工パターンの変更はオプションになります。

 

ローコスト系のハウスメーカーで標準仕様からオプションに変更する場合の追加料金は予想以上に高いということも多いので、注意なさって下さい。

 

ちなみにタマホームの二世帯住宅でも基本的に値引きには応じてくれないようですね^^;


敷地が狭くても特長を活かして、快適に暮らせる家がほしい。

 

そんな願いに応えてくれるのがタマホームの3階建て住宅“木望の家”です。

 

自由設計なので、敷地条件に合わせ様々な要望にも対応してくれますし、心地よい3階建ての暮らしが実現します^^

 

一般的に3階建て住宅は2階建てに比べて費用が割高になると言われています。

 

2階建てに比べて3割増しくらいや、多い時は2倍近く費用がかかる場合もあります。

 

2階建てだと坪単価が40万〜50万円代で建てられるものが、3階建ての場合は70万円近く、もしくはそれ以上の費用が発生することもあるのです。

 

タマホームで3階建て住宅を建てる場合の価格や坪単価はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

タマホームの公式HPには3階建て住宅の特長や概要は記載されているものの、価格に関しては記載がありません!

 

ですが実際にタマホームの3階建て住宅の見積もりを出してもらった方の口コミ情報ですと、

 

30坪の土地で全て込みで1800万円くらいだったという口コミがあります。

 

実際にタマホームの広告からイメージするほど価格が安いわけではありませんが、それでも他の住宅メーカーと比べるとタマホームは安いですね。

 

※坪単価には付帯工事費や住宅設備費用、登記費用、オプション品などの費用が含まれていませんので、全て込みでいくら必要なのかということも把握しておきましょう。


バリアフリー、老後の生活のことはもちろん平屋住宅に憧れがある方も多いのではないでしょうか?

 

基本的に平屋住宅は二階建て住宅と比べてみても割高になると言われています。

 

二階建てと平屋では、同じ面積の場合、平屋のほうが基礎が倍の面積になり、基礎工事にお金がかかる平屋のほうが高くなります。

 

そして地盤改良が必要になった際には、二階建ての場合は改良面積が半分ですが、平屋住宅の場合は改良費も割高になりがちです。

 

地盤改良や基礎工事にお金がかかる土地の場合には、どうしても平屋のほうが高くなってしまうのです。

 

ちなみに平屋の場合は二階建て住宅と比べると、坪10万前後のアップが目安になっているようです。

 

タマホームの平屋建てについてですがHPをチェックしてみると、20のバリエーションが用意されています。

 

タマホームと言えば安さを売りにしているハウスメーカーですが、平屋建ても安く建てることが可能なのでしょうか?

 

通常平屋は基礎と屋根の面積が増えるので価格も大幅に上昇しますが、

 

タマホームの場合は若干坪単価は高くなるものの、他のハウスメーカーと比べてもかなり安く平屋住宅を建てることができるようですから、ローコストで平屋住宅を建てることを重視されるならタマホームで一度見積もりを出してもらうといいかと思います。

 

大手ハウスメーカーの平屋の坪単価は70万〜80万円が相場になっています。

 

※ちなみに坪単価ですが、タマホームの単価は35坪以上が基本となっており、35坪以下だと坪単価がアップしてしまいます。


タマホームといえばローコストで家が建つことを売りにしているハウスメーカーですね。
“坪単価25.8万円”と安さを売りにしていますが、実際にこの宣伝している価格で家を建てることは可能なのでしょうか?

 

結論から言いますと、広告で宣伝してる坪単価20万円代では絶対に家は建ちません!

 

広告などに掲載されている坪単価は、単に建物のみの価格で、

 

給排水工事、運送代やその他の諸費用が含まれていませんし、

 

土地によっては地盤改良の費用が必要になることもありますし、エアコンやカーテンなども含まれておらず、建物以外に400万〜500万円程度の費用が発生することもあるのです。
坪単価ではなく、総額でいくら必要なのかということを考えておかないと資金計画が狂ってきてしまうのです。

 

タマホームを始めローコスト系のハウスメーカーでは標準仕様だとランクが低いものを採用していることも多く、標準からオプションに変更すると驚くほどの追加料金が発生したという話はよくある話です。

 

ローコストメーカーなので、標準仕様は大手ハウスメーカーの標準プランと比べて低いようですが、

 

タマホームが提供している建材、設備の中で選ぶようにするとコストを抑えることができます。

 

ちなみにタマホームで建てられる方の最終的な坪単価は40万〜50万円が相場だと言われていますので、これぐらいがタマホームの実際の価格の目安になります。


ローコストで家を建てることを一番に重視されるならタマホームがまず選択肢の一つとしてあがると思います。

 

タマホームといえば“坪単価25.8万円”の家が有名ですよね。

 

タマホームの展示場の前を車で通る時も、“坪単価25.8万円”の看板についつい目がいってしまいます^^

 

ホントに25.8万円で家が建つのなら、他のハウスメーカーがあまりにも高く感じてしまいます^^;

 

ローコスト系のハウスメーカーや工務店なら比較的コストを抑えることができますが、

 

その他のハウスメーカーだと坪単価は50万〜70万程度が相場になっており、大手ハウスメーカーだと坪単価が80万円、90万円、、こだわれば坪単価が100万円を超えることもあります。

 

タマホームはホントに25.8万円で家が建つのか?

 

残念ながらこの坪単価で家を建てることはできません!

 

詳しい坪単価はこのサイトで⇒タマホーム 坪単価

 

坪単価には付帯工事費、設計、施工管理、保証にかかる費用などは含まれていませんし、地盤改良が必要になった際には地盤改良費も発生します。

 

地盤改良費は土地によって金額は異なりますが、100万円近く追加で費用が発生することもあります。

 

カーテンや照明、エアコンなども含まれていませんので、建物の本体価格以外に数百万円以上の費用を見積もっておく必要があります。

 

そしてローコスト住宅では標準仕様からオプションに変更すると追加料金が驚くほど高額だったということもよくある話です^^;

 

オプションに変更される場合は、金額を確認された上で話を進めていった方がいいですよ^^;

 

最終的にタマホームの坪単価40万〜50万円になることが多いようですが、それでも大手と比べるとかなり安いですね。

 

ローコスト系のハウスメーカーで探されているのなら、複数のローコスト系のハウスメーカーで見積もりを出してもらい比較しておくと参考になって良いですよ(* ̄ー ̄)